事故を起こした場合は警察官が確認をして法律にまかせます

法律 警察

法律 警察について

事故を起こした場合は警察官が確認をして法律にまかせます

警察官は市民にとって欠かすことが出来ない存在になっていますが、特に事故などが発生した場合は通報の元で現場に急行しなといけないです。
車がど真ん中に停車していた場合は急遽移動をするように勧めたりしないといけないですが、走行不可能な場合は猫の手を借りて大勢で車を押して移動するようにします。
そうしないと他の車が渋滞になり進むことが出来ないので注意が必要になっています。
少しでも通行しやすいように合図などをして安全に走行するように指示をしながら現場の確認と目撃者の話などをして実況見分などで書類を作成するようにします。
加害者と被害者のどちらかが病院に搬送された場合は回復などを見てから話をするようにします。
後日交通課に行って状況などを詳細に話などをして相手側に法律に基づいてどうしてもらいたいかを確認します。
後日書類を検察庁に送検するようになり加害者側が検察庁に向かうように指示をして詳細を説明してから後日罰金が発生しますが、払えない場合は刑務所で仕事をするようになります。
sabu用置換